FC2ブログ
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日常  »  2/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/10


おつかれさまでーす!ちょりーっす!!!!

最近はなんかあったかなどうかな?

最近ってほどでもないけど1週間ほど前に衝撃的なものを見てしまってついつい他のSNSの日記に書いちゃったんだけどそれコピペっとこう。

VPSサポーターってのはなんか大学の役員みたいなのね!



今日は10時からVPSサポーターの説明会があって朝もはよから家をでた。

定年になった親父は家にいてたまに畑の手入れをして晩御飯は親父がつくる、と言う感じだった。

今日も親父は家にいて

「今日は学校か?」

と聞いてきて俺は普通に

「うん、そのまま出かけるから帰るのは夜かなー」

的なことを言って家をでた。

説明会は1時間もかからず終わり、俺はリップクリームと通帳、印鑑を家に忘れたのを思い出し一度家に帰った。

親父の車はまだあり、

「親父まだいるのかー」

程度に思っていた。

だが玄関の鍵は閉まっており

「あれ?親父歩いてどっか行ったのかなー」

と少し変に思いながら鍵をいつも隠してある場所を探った。

軽く探しても見つからなく仕方なく自分の部屋の窓から家に入った。

そのまま忘れ物を持って家を出れば良かったのだがタバコ臭くなった右手を洗いたくなったので洗面台に向かうことにした。

そのとき居間の電気がついていることに気づき、親父いるのかな?と思い洗面台に向かう途中、居間の扉が少し開いていたのでチラ見した。

そこにはティッシュ箱を隣に置き、TVのリモコンを持った親父がいた。

俺は悟った。

「親父オナニーしてたな‥‥」と。

親父は俺に気づいたのか慌ててリモコンを押し普通の時代劇?みたいなものにチャンネルを変えてた。

俺は居間の扉をそっと閉めて手を洗いそのまま窓から家を出て駅に向かい、今に至る。

文字にするととても長く思えるが一瞬の出来事だった。

男なら誰でもする事だとは解っていたが実の親のオナニーを目撃してしまうことはとても衝撃的だった。

今夜はどうやって親父と接すれば良いのだろうかと考えながら電車に乗っている。





↑こんな出来事があったんだ・・・
その日の夜はあえて親父が寝たころに家に帰った。
翌日はいつもどおりって言うかいつもよりやけに優しく接してきたのを覚えています。。。
逆に気まずいわ!!!


んでんで話変わって今日は10日ですね!
バイト先の給料日なんよ!そうなんよ!
んでまぁ諭吉さんがいることいること・・・
具体的な金額は伏せるけど組み体操でピラミッドが3つできるくらいの金額だった!

使い道どうしよっかなーって考えてたけど知り合いから原付買って原付免許だけとってお菓子かったらなくなるわ(´・ω・`)

新しいバイト先さがそ!


んじゃいつもどおり最後にどーがはっておわり!

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。